HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液さらさら、万能のたまねぎ

身近にあって、いつも食べているたまねぎにこんなに効能があったなんて、びっくりです

玉ねぎは野菜の中で最も糖質が多く、果糖、ブドウ糖、ショ糖、カリウム、亜鉛、リン、ビタミンB1、B2、Cなどを含みます。

玉ねぎを切った時に涙がでるイオウ化合物である硫化アリルは、加熱すると非常に糖度の高いプロピルメルカプタンという物質になり、甘くなります。

硫化アリルは動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓ができにくくする作用があります。

最近よく言われる「血液がさらさらに」というのはこの効果です。

この作用で、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果があります。

硫化アリルはビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進するはたらきがあります。

ビタミンB1は、糖質を素早くエネルギーに変える栄養素で、不足すると、疲労、食欲不信、不眠、イライラなどの症状がおこります。

ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉やハム、かつお、大豆などなので、これらと一緒に料理すると上記症状の予防に効果大です。

硫化アリルは、胃の消化液の分泌を高め、胃のはたらきを改善し、食欲を増進させる作用があります。

また、アミンという肉や魚の生臭みの成分と反応し、生臭みを緩和します。

たまねぎは、「西洋のかつお節」と呼ばれるほど、旨み成分であるグルタミンが多く含まれ、肉や魚料理をおいしくしてくれます。

硫化アリルには強い殺菌力があり、辛みの強い玉ねぎほど傷みにくく、病害虫に強いのはこのためです。


硫化アリルは、加熱により消失しますので、上記の効果を期待する場合には、生食するのが一番良い方法です。

ただし、これらの化合物は、玉ねぎ内に含まれる酵素の作用により、熱に強い成分に変質します。

玉ねぎを炒めるなど、火を通す調理に使う場合は、切ったあと1時間ほど放置したあとで火にかけると良いでしょう。
硫化アリルは水溶性ですので、水にさらすと大半が流れ出てしまいます。

辛みは酢を使ってやわらげるといいでしょう。

がん予防に玉ねぎにはケルセチンというポリフェノール成分が含まれています。

ケルセチンは、特に外皮に多く含まれています。


ケルセチンには抗酸化作用があり、がんや老化などの活性酸素が引き起こす病害の予防になります。

また、ケルセチンには体内に摂取した脂肪の吸収を抑制するはたらきがあり、ダイエットにも有効です。

玉ねぎには発汗作用や解熱作用があり、玉ねぎをたっぷりと使ったスープや味噌汁を飲んで布団に入ると、汗がドンドン出て熱が下がります。

また、咳(せき)や痰(たん)をしずめる効果があると言われ、玉ねぎの絞り汁を5~6倍にお湯で薄めてうがいをすると症状が緩和されるそうです。

また、玉ねぎの皮を煎じて飲むと、高血圧によく効き、また毛細血管を丈夫にします。

飲みつづけると1週間ぐらいで効果が現れるそう。

玉ねぎの揮発成分は神経を安定させるので、不眠解消にもいいそうです。

よくきざんだ生玉ねぎをガーゼに包んで枕もとに置いて寝ると安眠に効果があります。

その他、生玉ねぎを食べると利尿、便秘、虫下しに効果があると言われています。

こんなすごいたまねぎ、ぜひ、毎日食べましょう

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
オススメ
ウォーターサーバーは、冷水と温水が出てとっても便利! 安心でおいしい富士の天然水が安く便利に飲めるので今とっても人気です!






全記事表示リンク
FC2カウンター
FCブログランキング
ぽちっとお願いします。
お得なサイト☆
最新の商品が無料でもらえたり、小額でタメせたりととってもお得です。
モラったり、タメしたりした商品は、コメントやトラックバックで感想をぜひ投稿しましょう。感想はまだ商品を使ったことのない方や、企業の商品開発担当者に届きます。 コメントをすると50ポイント、トラックバックをすると100ポイントのモラタメポイントを獲得できます。
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。